コンポーザー=ピアニストを称えて / 西村 英士

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

Homage to the Composer-Pianists / EIJI NISHIMURA
コンポーザー=ピアニストを称えて / 西村 英士

収録曲は、19世紀前半から21世紀までの3世紀にわたるコンポーザー=ピアニストの系譜を時代順にたどる構成となっている。リスト、ショパン、ツェルニーら同時代の作曲家6人が自慢の腕を競い合ったユニークな合作「ヘクサメロン」、リストの強力なライヴァルで、彼との“ピアノの決闘”で知られるタールベルク、ショパンと同時代とは信じられないほど斬新な作品を生み出していたアルカン、現代を含め古今東西で最高のピアニストと言われる独学の超人ゴドフスキー、恐ろしく複雑かつ長大な作品を書きながら一切発表しなかった奇人ソラブジ、驚くべきカリスマ性を兼ね備えたアメリカの剛腕ピアニスト・ルーウェンサール(レーヴェンタール)、そして21世紀の今日、世界のピアノマニアを熱狂させているマルク=アンドレ・アムラン。特にソラブジ、ルーウェンサール、アムランの録音は世界的にも貴重で、もちろん本邦初録音である(それ以外もタールベルクを除きすべて本邦初録音)。  西村の演奏は技巧だけに溺れず、抜群のリズム感と色彩感、繊細にコントロールされた音色で、難しさを超えた所にあるピアノ音楽の頂点の輝きを見事に引き出している。

リスト(1811-86)、タールベルク(1812-71)、ピクシス(1788-1874)、ヘルツ(1803-88)、 ツェルニー(1791-1857)、ショパン(1810-49)合作
へクサメロン ― 演奏会用作品
 ベッリーニの歌劇「清教徒」の行進曲による華麗なる大変奏曲, S. 392/R. 131 [21:02]
1 導入部(リスト) [3:53]
2 主題(リスト) [1:23]
3 変奏I(タールベルク) [1:03]
4 変奏II (リスト) [2:40]
5 変奏III 華麗なる技巧(ピクシス) [1:02]
6 [リトルネッロ](リスト) [0:25]
7 変奏IV(ヘルツ) [0:56]
8 変奏V(ツェルニー) [1:19]
9 [炎のように、とても力強く―レント、レチタティーヴォのように](リスト) [2:13]
10 変奏VI(ショパン) [1:25]
11 [接続部](リスト) [1:02]
12 フィナーレ(リスト) [3:34]

ジギスモント・タールベルク(1812-1871)
13 ロッシーニの歌劇「モーゼ」の主題による幻想曲, Op. 33 [15:03]

シャルル=ヴァランタン・アルカン(1813-1888)
すべての長調と短調による25の前奏曲, Op. 31
14 第5曲「詩篇第150番」 [2:26]
15 第8曲「海辺の狂女の歌」 [4:37]
16 第10曲「フーガの様式で」 [1:05]
17 第21曲 [1:14]
18 第25曲「祈り」 [4:13]
レオポルド・ゴドフスキー(1870-1938)
フォノラマ ― ピアノのための音紀行
「ジャワ組曲」
19 第8曲「ボイテンゾルグの植物園」 [3:56]
20 第6曲「夜明けのブロモ火山と砂の海」 [3:51]

カイホスルー・シャプルジ・ソラブジ(1892-1988)
3つのパスティーシュ, KSS 31
21 第3曲 リムスキー=コルサコフの歌劇「サトコ」より「ヒンドゥー商人の歌」によるパスティーシュ [4:20]
レインゴリト・グリエール(1875-1956)/レイモンド・ルーウェンサール(1923-1988)編
22 バレエ「赤いけしの花」 より 「ロシア水夫の踊り」 [4:49]

マルク=アンドレ・アムラン(1961-)
コン・インティミッシモ・センティメント―最も親密な思いをこめて―
23 レントラーI [2:32]
全ての短調による12の練習曲
24 第6曲「ピアノフォルテのための練習曲(ドメニコ・スカルラッティを称えて)」 [3:59]
25 第3曲「パガニーニ=リストによる」 [5:40]

通報する

ショップの評価